働くのが不安?先輩たちのバイト失敗談を聞いてみよう!

入社初日でアダルトコーナーへ

とあるアニメグッズ専門店へアルバイトとして入社。配属されたのはアダルトコーナーでした。もともとアニメやゲームが好きで、面接でもその旨を伝えていたので、おそらくゲーム部門に配属になると思っていましたので、初日に違う場所への配属になったことに驚きました。
それでも、男性ということもあり、特に違和感無く出来るだろうと思っていましたが、専門用語(?)がとても多かったです。ちょっとここで万人にお伝えするには厳しい表現もあり、10代の若さが自分に歯止めをかけてしまいました。「ここで働き続けていける自信が無い」と思ってしまったのですね。
もし入社する前に、配属部門が確認出来るなら、最初に聞いておけば、失敗を防ぐことが出来ますよ。

牛丼のセミオーダーに四苦八苦

牛丼屋さんに行くと、よく「つゆだく」とか「つゆぬき」といった注文を聞くことがありませんか?実はあれにも、きちんとルールがあるのです。働いているお店によって違いがあると思いますが、つゆをどれだけ入れるのか、一応決まっているんですね。
そのとき、一番困ったのが「ネギぬき」というオーダーです。牛丼をよそった時に付いてくるタマネギを抜いてくれ、というものです。
上京して間もない頃、最初私は、すき焼きに使う長ネギのことだと思い、先輩に相談せず、「お客様、長ネギは入っておりませんのでご安心下さい」とにこやかに対応。その次の日、店長にクレームの電話が入ったそうです。
その時は笑って済ませてくれましたが、知らないオーダーが入ったときは、すかさず先輩に聞くのをオススメします。
幸い、職場は良い雰囲気で、学校を卒業するまで楽しく過ごすことが出来ました。