さあ応募しよう!バイトの面接までの道のりについて

バイトの面接の前にまずは履歴書と写真を用意

アルバイトの面接を受ける前には必ず準備しなければならないものがあります。
それは履歴書と写真です。履歴書は特に指定がなければ簡単なタイプのものを用意し、パソコンあるいは手書きで履歴書に必要事項を記入します。また履歴書に貼付する写真は数年前の証明写真を使うのではなく、必ず半年以内に撮影したものを選ぶことにしましょう。プリクラやスナップ写真などを貼付してしまうのはマナー違反ですから、証明写真を必ず貼りましょう。アルバイトの場合には履歴書に書く学歴は中学校卒業以降の学歴ですから小学校などを記入する必要はありません。履歴書が完成したら封筒に入れて、郵送ならば郵便で、面接時に手渡しの場合には手渡しで渡すことにしましょう。

面接の際に気をつけることとは

アルバイトの面接だからといってだらしない格好で行くのはマナー違反です。特段に指定がない場合には私服で行っても構いませんが、あまりにもラフなスウェットやジャージなどで行くのは避けましょう。またサンダルなどを履いていくのも良くないですから、スニーカーなどを履いていくことにしましょう。
アルバイトでも正社員登用を前提としている求人や、お堅い職場の場合では面接時にスーツを着用しなければならないこともあるので、服装についてわからないことについては有耶無耶にするのではなく、必ず採用担当者に連絡して確認をとっておきましょう。面接時には発言内容だけではなく、その人の受け答えを見られることとなりますから、できるだけ誠実にハキハキと答えましょう。